HOME > 新着ニュース > 「わたしたちの福岡県展2017」が開催されました!

新着ニュース

「わたしたちの福岡県展2017」が開催されました!

 8月1日(火)から25日(金)まで、子どもたちが福岡県のことを楽しく学べる展示イベント「わたしたちの福岡県展2017」が福岡県庁で開催されました。
 期間中、様々な体験ができる「よかもん体験ひろば」では、青少年アンビシャス運動参加団体の九州工業大学理数教育支援センターやアンビシャス・青年リーダーによるワークショップが開催されました。
 九州工業大学理数教育支援センターによるワークショップでは、正方形や長方形の折り紙を組み合わせていろいろな立体を作成する「折り紙ユニットで立体を作ろう」や、部品を差すだけで回路を試作できるブレッドボードを使って、ランプシェードを作る「LEDランプシェードづくり」などが行われました。大学の先生や学生から直接教えてもらい、子どもたちは夏休みの自由研究に一生懸命取り組んでいました。
 他にも、「トイレットペーパー芯ロケットとペーパークラフトを作ろう」では、アンビシャス・青年リーダーがトイレットペーパーの芯と新聞紙などの身の回りにある物を使ったロケット作りや「アンビシャス広場対抗折り紙ヒコーキ大会」でよく飛んだ紙ヒコーキの折り方を教えました。参加した子どもたちは、「学校に提出する!」と張り切って作っていました。
 夏休み中の多くの子どもたちと保護者が来場し、子どもだけでなく大人も一緒になって楽しく体験をしていました。

子どもたちは立体が折り紙で作れることを学んだ

子どもたちは立体が折り紙で作れることを学んだ

小さな部品をブレッドボードに慎重に差す子ども

小さな部品をブレッドボードに慎重に差す子ども

トイレットペーパー芯ロケットを好きな色のテープを使って制作

トイレットペーパー芯ロケットを好きな色のテープを使って制作