HOME > 新着ニュース > みやまアンビシャス連絡協議会“先輩に学ぶ”体験事業が開催されました!

新着ニュース

みやまアンビシャス連絡協議会“先輩に学ぶ”体験事業が開催されました!

 令和元年12月24日(火)、福岡県立山門高等学校にて、みやまアンビシャス連絡協議会“先輩に学ぶ”体験事業「山門高等学校吹奏楽部の演奏&書道部パフォーマンス」が開催され、水上小学校の全児童や地域の小中学生が参加しました。
 山門高等学校の吹奏楽部の演奏会では、クリスマスメドレーやアニメ「アナと雪の女王」のテーマソングといった、子どもたちが大好きな曲が続きました。子どもたちは時折、手拍子をしながら体をゆすったり、口ずさんだりして音楽を楽しんでいました。
 書道部のパフォーマンスでは、はじめに、書道部員が音楽に合わせて踊りながら、ローテーションでステージ上のパネルに筆を入れていきます。全員が筆を入れた後は、パネルを立て、大きな筆で仕上げの文字を書き入れます。この大きな筆で文字を入れていたのは、今年度の青少年アンビシャスの翼の団員でした。地域の子どもたちのために活躍している姿を見て、大変うれしく思いました。
 地域の広場、学校が連携して子どもたちに様々な体験活動を提供しており、アンビシャスな子どもたちが育まれています。これからも子どもたちの活躍を応援しています。

ダンスもあり大変盛り上がりました

ダンスもあり大変盛り上がりました

音楽に合わせた書道パフォーマンス

音楽に合わせた書道パフォーマンス

アンビシャスの翼団員も大活躍

アンビシャスの翼団員も大活躍