HOME > 参加団体のご紹介 > 青少年アンビシャス運動表彰団体

青少年アンビシャス運動表彰団体

青少年アンビシャス運動推進本部では、さらなる積極的な活動を促すとともに、青少年アンビシャス運動がより一層県民運動として広がることを目的として、特に優秀な活動を行っている団体を表彰しています。 これまでに表彰をうけた団体の概要をご紹介します。

第13回表彰団体の概要(平成27年度・9団体)

一般社団法人 大牟田青年会議所

【代表者】井形 善徳 【所在地】大牟田市

 大牟田市内の子どもたちを巻き込んだ体験活動やイベントを実施しています。
 過去5年にわたり実施した市内の高校生を対象とした事業に一定の成果が得られたことから、平成27年度からは対象を小学生に移し、想い合い溢れる地域の創造を目指した「OMOIAIプロジェクト」を立ち上げ、未来を担う小学生たちの「家族」「仲間」「郷土」を想う心を育む事業を始めました。その1回目として、故郷の歴史を学ぶ炭鉱体験を行ったほか、仲間との協力が必要なシーカヤック体験や野外炊さんなどを実施しました。
 今回は、子どもたちの自主的な参加が得られるよう、学びの中に日常的には経験し難い楽しみを設けることを心掛けました。自主的な行動から得た経験が、子どもたちの生活に活かされることを願っています。

おおき祭り

シーカヤック体験

野外炊飯

みんなで記念撮影

おひさまの会

【代表者】山下 小菊 【所在地】京都郡みやこ町

 みやこ町の小学校や図書館で読み聞かせを行っている読書ボランティア団体です。
 乳幼児の親子、小学校の児童に対する読み聞かせやブックスタート(4ヶ月健診)時などの啓発活動を通じ、幼い頃から読書する習慣を育てています。子どもたちが小さい頃から読み聞かせに参加することで図書館に通う習慣がつき、本に親しむようになることを願って活動しています。
 今年は、まだ勉強途中ですが、念願であった中学校での朝の会の読み聞かせが実現します。
 これからも、未来ある子どもたちにお話の魅力を伝える活動を地道に続けていきます。

おはなしの前に楽しい手遊び

みんなで楽しく手遊び

おはなし会恒例、誕生日月のお友達でろうそく消し

紙芝居に夢中

春日市少年の船実行委員会

【代表者】長野 彰 【所在地】春日市

 春日市内の小中学生を対象にレクリエーション活動や集団生活を通じて友情を深め、地域社会で活躍できる人材を育成するため「春日市少年の船」事業を実施しています。
 「春日市少年の船」では、4泊5日の沖縄での研修の他に事前研修・事後研修を行っています。特に事後研修では「子どもリーダー」を募り、リーダーを中心に子どもたちが自ら発案、企画、運営するクリスマス研修を経験することで、自ら行動する力がついています。その他にも、市の文化祭への参加やデイサービス施設への訪問など、積極的に地域の中で活動しています。
 また、事業開始から30数年を経て、かつて少年の船に参加した子どもが、スタッフとなって帰ってくるという好循環が着実に回り始めています。

芦屋町町民体育祭出場

赤く燃え上がる少年の船の炎

練習風景

沖縄の文化を体験

太鼓原人

【代表者】馬場 俊寿 【所在地】古賀市

 小学生から高校生までの幅広い年齢の約100名の子どもに太鼓や笛の演奏を指導しています。
 練習や演奏会の準備、演目の決定などを子どもたちに任せることで、子どもたちの自主性や社会性を培っています。練習では、年上の子が年下の子を教えるだけでなく、いじめや不登校などの悩みも聞いて問題を解決させています。また、曜日で上級、中級などのクラス分けをしているため、子どもたちは上級クラスに進級できるよう練習に励んでいます。
 地域のお祭りや高齢者施設、障害者施設などで演奏のボランティア活動を行うことで地域の方との交流も図っています。

ドミノうまく立てられるかな

古賀市クリスマス市民祭

カヌーの練習風景

古賀市どんど焼

田村アンビシャス広場委員会

【代表者】松尾 靖義 【所在地】福岡市早良区

 田村小学校区の小学生を対象としたアンビシャス広場です。
 子どもたちに公民館を開放し、子どもが放課後等に仲間と自由に遊ぶことのできる居場所を提供しています。小学生だけでなく、中学生や大人との交流の場ともなっており、子どもたちは挨拶や片づけをするようになるなど、マナーが良くなりました。
 公民館を中心に校区の地域の他団体と連携し、ミニ運動会や三世代交流ハイク、遊びながら運動神経を鍛えるコーディネーショントレーニングなどを実施しています。
 毎年恒例のキャンプでは、学年に関係なく班を編成することで、子どもたちは、学年を超えた交流や協力を深めるとともに、自分を再発見しています。

職場体験「惣菜の場所はココ!!」

アドベンチャーキャンプで竹とんぼづくり

職場体験報告会

わんぱくスポーツ教室~ジャンプしてボールをキャッチ~

Twinkle・Cats トゥインクル・キャッツ

【代表者】古賀 稲子 【所在地】嘉麻市

 障がい者(児)のミュージックサークルです。
 心のバリアフリー「愛いっぱいコンサート」を年に1回開催しており、昨年、第12回目を開催しました。器楽アンサンブルや音楽劇を公演し、地域の方々をゲストにお招きして楽しいコンサートを行っています。また、年間10回程、ミニコンサートや老人ホームへの慰問演奏も行っています。
 演奏活動をすることは、メンバーにとって大きな喜びであり、自信に繋がっています。活動を通して、子どもたちはのびのびと過ごすようになっています。
 これからも、音楽を通して、地域の皆さまと交流を続けていきたいと思っています。

地域のお宅へ

みんなで演奏

卒業式は外国式で

トゥインクル音頭を楽しく踊ります!

緑区アンビシャス広場委員会

【代表者】百瀬 誠 【所在地】小郡市

 大原小学校区内の緑区の小学生を対象としたアンビシャス広場です。
 子どもたちが自由にのびのびと過ごせる居場所を提供しています。大人は見守りに徹しており、子どもたちは自分たちで新しい遊びを創造するなど、自主的・能動的に活動しています。今年度は、教育事務所が企画したキャンプへの参加や大学生の広場訪問により、一つの広場だけではできない良い体験ができています。
 子ども会や老人会と一緒に夏祭りやもちつき大会など季節のイベントを実施しており、広場活動を通して地域住民間の交流が進み、コミュニティの活性化にも貢献しています。

ソウメン流し

お兄さん、お姉さんと遊ぼう

ケーキ作り

もちつき大会

八枝アンビシャス広場委員会

【代表者】和田 幸裕 【所在地】北九州市八幡西区

 八枝小学校区の幼児から中学生までを対象としたアンビシャス広場です。
 凧作り、野菜作り、食育体験、八枝フェスティバル、どんど焼き、餅つきなど地域の大人が関わり実施しています。特徴的な取り組みとして、手作りの臼での餅つき、室内で凧揚げ、竹でそうめん流し台や門松作り等を実施しています。八枝フェスティバルでは、上級生が下級生と一緒にリース等を作って楽しんでいます。
 八枝まちづくり協議会、市民センター、PTA、社会福祉協議会などが実施する子どもを対象としたイベントに年長者ボランティアが積極的に参加するなど、「地域で子どもを育てよう」という意識が根付いています。そして、子どもたちは地域の大人と関わることで、「感謝の心」が芽生えています。

アンビシャス体験フェスティバルに参加

凧作り

3人一緒ロープ回し

食育体験

柳特アンビシャス広場委員会

【代表者】堤 武彦 【所在地】柳川市

 柳河特別支援学校の小学部の全児童及び中学部の全生徒を対象としたアンビシャス広場です。
 学校では子どもの教育的ニーズに応じ、各部門に分かれて学習していますが、広場での活動は教育部門や学年に分かれることなく、学校の全ての子どもたちが一緒に活動し交流を深めています。
 地元柳川の伝統芸能「沖の石太鼓」の練習を主な活動としており、子どもたちは活動を通じて自信を持つようになっています。また、低学年の子が練習に励む姿を見て、高学年の子が更に練習を頑張ろうという意欲が高まるなど、集団の中で子どもたちは切磋琢磨しています。

竹の子ほり

筑特夏まつり

防犯かるた

青柳祭(文化祭)に向けての練習

過去の表彰団体の概要