HOME > 参加団体のご紹介 > 青少年アンビシャス運動表彰団体

青少年アンビシャス運動表彰団体

青少年アンビシャス運動推進本部では、さらなる積極的な活動を促すとともに、青少年アンビシャス運動がより一層県民運動として広がることを目的として、特に優秀な活動を行っている団体を表彰しています。 これまでに表彰をうけた団体の概要をご紹介します。

第14回表彰団体の概要(平成28年度・11団体)

赤間太鼓

【代表者】岡本 幸恵 【所在地】宗像市

 20年前に宗像市赤間に誕生した赤間太鼓は、小学生から大人まで和太鼓演奏を通して技と心を育てていく団体です。現在団員は20名で、市内を中心に年間15回ほどの公演を行っています。また、毎年スコットランドのバグパイプバンドの子どもたちとの演奏交流も行っています。
 年齢も学校も職業も違うメンバーはまるで大家族のようで、ここにはみんなの居場所があります。お客様と一緒に楽しめるステージを目指し、練習を積み重ねてきました。高校生が小中学生の面倒をみたり、指導を行ったりすることにより、子どもたちの自主性が育まれています。
 これからも、聞いてくださる方々が元気になれるような和太鼓演奏を目指していきます。

青空の下、太鼓の音色を響かせる

青空の下、太鼓の音色を響かせる

本番の風景

本番の風景

内野小校区アンビシャス広場

【代表者】飯田 元 【所在地】飯塚市

 内野小校区アンビシャス広場の所在地は、旧長崎街道の宿場町の一つとして歴史が古く、周囲が山に囲まれ、文化、環境の面で大変恵まれた場所です。
 地域とのつながりが深い内野小学校を拠点としており、学校と地域の皆さんの協力をいただきながら、楽しく活動をしています。
 主な活動は、絵本の読み聞かせ、観劇、料理教室、年末のおもちつきなどであり、子どもたちに行事を通して豊かな感性や協調性を身につけてもらいたいと取り組んでいます。
 また、さらにもっと地域の人々や保護者との深いつながりをもって、よりよい広場にしていきたいと考えています。

絵本の読み聞かせ活動

絵本の読み聞かせ活動

年末のおもちつきで季節の行事を体験

年末のおもちつきで季節の行事を体験

勝立地区アンビシャス広場

【代表者】久保田 充 【所在地】大牟田市

 勝立地区アンビシャス広場では、自然に恵まれた地域の特性をいかし、ホタル観賞、デイキャンプ等の自然観察や野外活動に力を入れています。また、食に関する意識を深めるため、さつま芋の苗植え、収穫、調理を実施しています。他にも、子どもたちが伝統文化を体験し、継承していくための季節の行事も取り入れています。
 主な活動場所である勝立地区公民館を利用するサークル、地域の民生委員・児童委員、小学校PTAの皆さんに日頃の活動の見守りをしていただいています。行事の際には、高校生、大学生の協力もあり、子どもたちにとって幅広い年代の方との貴重な交流の場にもなっています。
 今後も地域一丸となって、子どもたちの健やかな成長に繋がる取組みを進めていきたいと思います。

さつま芋の収穫体験

さつま芋の収穫体験

ひなまつりお茶会

ひなまつりお茶会

グループ「野火」

【代表者】江上 和子 【所在地】久留米市

 昭和60年3月、小・中学生の子どもを持つ母親の集まりとして設立しました。「自分たちの子どもは自分たちで育てよう」と一歩踏み出し、“人間は人間が育てる”をテーマに、紙芝居やブラックシアター、藁小屋、土器、布草履作りと、「ないもの」から「あるもの」を作るというささやかな活動を始めました。
  設立から30年が経ち、現在は月1回の読み聞かせ自主公演の他、地域の小学校や子ども会、公民館等からの要請に応じてブラックシアター公演をしています。地域を題材にした絵本を作成したり、地域行事に積極的に参加したりと、地域に根付いた活動を楽しく行っています。
 これからも、時間の許す限り、活動を続けていきたいと思っています。

練習風景

練習風景

藁小屋での公演

藁小屋での公演

笹丘アンビシャス広場

【代表者】川原 寿恵 【所在地】福岡市中央区

 笹丘アンビシャス広場は、ソフトボール教室、笹丘小学校体育館で子ども太鼓、公民館図書室で文庫を実施しています。
 ソフトボール教室は、卒業生や保護者も参加します。子ども太鼓では、太鼓はもちろんのこと、子どもたちが発案して篠笛や三味線の練習も行い、演奏ができるようになりました。また、子どもたちが地域の方ともふれ合えるように、夏祭りや老人施設、神社でのお神楽での演奏にも参加しています。文庫では、おもちゃや手作り絵本の制作も指導しています。
  16年目になる広場は地域に定着し、ボランティアも増えてきて、楽しい場所となりました。子どもたちは太鼓等の活動を通して、自分に自信をつけ、自分を表現できるようになっています。

絵本の読み聞かせ

絵本の読み聞かせ

校区夏祭り

校区夏祭り

サンライフアンビシャス広場

【代表者】奥田 新一 【所在地】糟屋郡粕屋町

 粕屋西小学校区にあるサンライフ団地の子どもたちを対象としたアンビシャス広場です。狭い地域ですが、地域の方の目が行き届き、行事の際に住民の協力を得られることが広場の強みとなっています。夏のそうめん流しと年末の餅つき大会は広場の大きな特徴で、子どもと大人の交流が生まれています。
 手作り教室の体験活動には親子での参加が増えています。また、年1回のバスハイクは、貸し切りバスだけではなく、公共交通機関も利用することで、子どもたちは社会マナーを身につけています。
 今後の活動目標として工場見学・野外体験を多く取り入れていくことを考えています。団地住民と共に、子どもの自主性を育んでいきます。

そうめん流し

そうめん流し

神輿を楽しそうに担ぐ子どもたち

神輿を楽しそうに担ぐ子どもたち

特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本・福岡

【代表者】松尾 新吾 【所在地】福岡市博多区

 スペシャルオリンピックスは、知的障がいのある人たちに年間を通じ様々なスポーツ活動を提供しているNPO法人です。
 現在212名の知的障がいのあるアスリートが様々なスポーツ活動に参加していますが、当団体では、「障がいがある人」と「障がいの無い人」が、支える側、支えられる側という関係性ではなく、対等な立場で取り組む「ユニファイドスポーツ」という活動を世界的に推進しています。
 若い世代の人たちがこの活動を実践することで、次世代を担うリーダー育成に繋がり、インクル―ジョン社会実現の一歩を踏み出すことができると期待されています。今後、福岡でも取り組んでいきたいと考えています。

わくわく運動会

わくわく運動会

国際大会のボッチャマッチ

国際大会のボッチャマッチ

総合型地域スポーツクラブ「スポーツBRANDEX福岡」

【代表者】梶谷 利治 【所在地】筑紫郡那珂川町

 子どもたちにサイクルスポーツの楽しさを伝え、得意技を持たせる活動を行っています。一輪車の公認指導者や元全日本大会出場経験者が指導にあたり、町や小学校の体育館などを主な練習場所として、運動の量と質を高めています。
 また、昨年夏から秋にかけて、県内最大のダムである五ケ山ダムの湖底を活用したイベントとして、一輪車親子ハイキング、マウンテンバイクレース、アドベンチャー体験レースを開催しました。
 サイクルサッカーは少年たちの人気スポーツとなり、中にはジャパンカップなどに選ばれる子も出ています。今後は町内全域での活動を目指して、更なる努力を続けたいと思っています。

アンビサイクルサッカー

アンビサイクルサッカー

一輪車実技練習

一輪車実技練習

徳力団地アンビシャス広場

【代表者】中村 多賀子 【所在地】北九州市小倉南区

 平成14年に「放課後や休日のこどもたちの居場所つくり」とし、徳力団地自治会が主体となり始めました。
 週2日の自由に過ごせる居場所の他、季節行事の七夕飾り・そうめん流しは高齢者と一緒に、また、夏まつりのダンスやゲーム・クリスマス会・餅つき・豆まきなど自治会と共催で行っています。クリスマス会は生演奏を聞き、飾り物を作り、バレンタインにはお菓子作りを体験させています。今年度はバスハイクで「到津の森公園」に行き、子どもたちがリーダーとして、大人をサポートしてくれるなど、子どもたちの意外な素顔を発見し、貴重な体験ができました。
 今後も、広場を必要としている子どもがいる限り、こうした活動を続けていきたいと考えています。

お菓子作り体験

お菓子作り体験

餅つき大会

餅つき大会

日本ボーイスカウト福岡県連盟北九州東地区北九州第55団

【代表者】緒方 章雄 【所在地】北九州市小倉北区

 北九州市小倉北区に拠点を置いて活動しているボーイスカウト北九州第55団です。小学1年から大学生までの年代別5部門が、それぞれの特性を踏まえたプログラムの野外活動を行っています。
 チャレンジする過程で、子どもたちは、考える力、判断する力、協力、助け合い、指導力等を養います。子どもたちの個性を生かし、運動の最終目標である“より良き社会人”を育成するため、その基本原則である人格、知識と技能、健康、奉仕の四本柱がバランス良く備わることを願い、活動しています。
 ボーイスカウト運動は、保護者や指導者が団家族として子どもたちを見守っており、最終目標へと子どもたちを導くよう頑張って取り組んでいます。

河童祭りの松明行列

河童祭りの松明行列

協力して基地づくり

協力して基地づくり

株式会社 フラウ

【代表者】濱砂 圭子 【所在地】福岡市中央区

 株式会社フラウは、地域密着型子育て情報誌「子づれDE CHA!・CHA!・CHA!」など地域に根付いた育児情報誌をファミリーの笑顔のため出版し続けており、今年で設立24周年を迎えます。
 子育てファミリー向けイベントも多く行っており、転勤族と地元ファミリーの出会いの場「転勤族ウェルカムパーティ」、お仕事体験ができる「We can! LAND」、親子ともに楽しめる「ファミリークリスマスin福岡」は来場者が2000名を超える人気の体験交流イベントです。
 また、賢いママの勉強会シリーズや、虐待防止にも一役買っている読者交流会、幼児期の情操教育のための読み聞かせ活動や、食について学ぶ親子食育講座を開催しています。今後も、親子で学ぶこと・体験のできる場の提供を行っていきます。

パティシエ体験

パティシエ体験

イベントステージ風景

イベントステージ風景

過去の表彰団体の概要