HOME > 参加団体のご紹介 > 青少年アンビシャス運動表彰団体

青少年アンビシャス運動表彰団体

青少年アンビシャス運動推進本部では、さらなる積極的な活動を促すとともに、青少年アンビシャス運動がより一層県民運動として広がることを目的として、特に優秀な活動を行っている団体を表彰しています。 これまでに表彰をうけた団体の概要をご紹介します。

第16回表彰団体の概要(平成30年度・7団体)

小郡市古賀区こども囲碁教室

【代表者】丸林 俊市 【所在地】小郡市

 子どもを対象とした囲碁の指導に取り組む団体です。
 月4回小郡市古賀区公民館で囲碁教室を開催、大会の実施、他大会への出場をしています。子どもの囲碁技術の向上が著しく、全国大会に出場する子を輩出しています。
 囲碁を通じて子どもたちが礼儀やあいさつ等の基本的な生活態度を身につけています。子どもたちの集中力、記憶力、考える力が鍛えられ、学力向上の一助となっています。

真剣な表情で対局する子どもたち

真剣な表情で対局する子どもたち

勝浦アンビシャス広場

【代表者】妻鹿 恭子 【所在地】福津市

 勝浦小学校区の小学生を対象としたアンビシャス広場です。学習支援や自由遊び、体験活動を実施しています。
 地域、学校、広場、農業協同組合などの様々な団体と連携することで、野菜の苗植えや灯篭づくりなど、子どもたちに多様な体験活動を提供しています。また、地域の大人と海岸での清掃や植樹活動を行うことで、子どもたちが大人の姿を手本にして活動し、自分も海を大切にしようとする意識を育んでいます。

福岡県青少年科学館を見学

福岡県青少年科学館を見学

かやっこアンビシャス広場

【代表者】山下 三男 【所在地】糸島市

 可也小学校区の小学生を対象としたアンビシャス広場です。学習支援や自由遊び、体験活動を実施しています。
 野菜づくり体験では、苗植え、草取り、収穫までの農作業だけでなく、収穫した食材の加工など継続した体験を実施することで、地域の自然や食の大切さを子どもたちに学ばせています。  また、大学や公民館のサークル、地域の団体と連携することで、科学教室や里山保全など子どもたちに様々な体験活動を提供しています。

姫島にて

姫島にて

一般社団法人 九州国技振興会

【代表者】富塚 信司 【所在地】福岡市西区

 子どもを対象とした相撲大会の開催や指導に取り組む団体です。
 幼児対象の相撲大会や、九州・山口の小学生対象の相撲大会を実施しています。子どもたちが大会出場に向けてお互いに切磋琢磨し、あきらめずに努力する粘り強さを身につけています。
 また、幼稚園や保育園などで、先生が子どもたちに直接相撲を指導できるよう、相撲の基本動作などをまとめた指導者DVDや手引を作成しています。

はっけよい!のこった!

はっけよい!のこった!

特定非営利活動法人 子育てネットワーク春日

【代表者】森山 久子 【所在地】春日市

 春日市内の子どもを対象にした自然体験活動や育児支援に取り組む団体です。
 星空観察や1泊2日のキャンプなど、年間を通した自然体験活動を実施しています。子どもたちが自分の意見を積極的に発信するようになり、自主性やチャレンジ精神が育まれています。
 また、中学生と乳児とが交流する取組を実施し、中学生が子育ての大変さを考えるきっかけとなり、母親にとっても子育てを見つめ直す機会になっています。

絵本の読み聞かせをする中学生

絵本の読み聞かせをする中学生

大里東アンビシャス広場

【代表者】南川 健一 【所在地】北九州市門司区

 大里東小学校区の小学生を対象としたアンビシャス広場です。学習支援や自由遊び、体験活動を実施しています。
 料理教室では子どもたちが率先して具材の準備や調理を行い、お楽しみ会では朗読やダンスなどの企画や当日の司会進行を行うなど、子どもの自主性が育っています。
 地域の夏祭りや敬老の日のイベントで高齢者施設と連携し、子どもから高齢者までを地域で見守っています。

ピザ作りをする子ども

ピザ作りをする子ども

のぞみ・いきいきアンビシャス広場

【代表者】楠 良司 【所在地】小郡市

 三国小学校区及びのぞみが丘小学校区の小学生を対象としたアンビシャス広場です。学習支援や体験活動を実施しています。
 子どもたちが鉄板を使った調理、販売を行う出店体験活動では、販売する商品から売上目標、宣伝、接遇などにいたるまで子どもたちが提案するなど、「本物の」商売を子どもたちに体験させています。
 また、子どもたちの出店で得た資金を、子どもたちの自然体験活動や地域でのイベント活動に還元するなど、子どもたちが働く喜びや目標の達成感を得られる取組となっています。

焼きそばを売る鉄板部の子どもたち

焼きそばを売る鉄板部の子どもたち

過去の表彰団体の概要