事務局からのお知らせ

2021.03.19

福岡ソフトバンクホークスから福岡県内の小学生(新1年生、新4年生)に「青少年アンビシャス運動」と連携したオリジナル文具をプレゼント!

 日ごろから「青少年アンビシャス運動」の趣旨に賛同し、応援いただいている福岡ソフトバンクホークスから、今年も県内の小学生(新1年生、新4年生)に対し、青少年アンビシャス運動と連携したオリジナル文具(下敷きとクリアファイル)が贈られました。この取組は平成26年度から続いており、今回で7回目となります。


 3月17日、福岡ソフトバンクホークスと県庁、県内のスポーツ少年団に所属する9名の子どもたちをオンラインでつないで、文具贈呈式が行われました。
 工藤公康監督と中村晃選手会長からは、「1年間を通して勇気と元気を届けられるように頑張りますので、皆さんも大きな志や夢を持って、楽しい学校生活を送ってください」と、子どもたちに力強い応援のメッセージをいただきました。

 福岡県の江口副知事は、文具贈呈へのお礼とともに、「贈呈された文具のメッセージは『夢に向かってチャレンジしよう!』です。子どもたちがそれぞれの夢を持ち、いろいろなことにチャレンジしてくれることを願っています」と子どもたちに激励の言葉を送りました。

 最後に、9名の子どもたちは、素敵な文具のプレゼントに対する感謝の気持ちとともに、「大きくなったらプロ野球選手になりたい」、「5連覇を目指して頑張ってください」など、将来の夢や熱い応援のメッセージを工藤監督と中村選手に伝えました。

 工藤監督と中村選手は、子どもたちのメッセージにうなずき、笑顔で返事をしてくださるなど、和やかな雰囲気のもと、贈呈式は進んでいきました。

 

 福岡ソフトバンクホークスから贈られた文具は、新学期に全県下の小学生(新1年生、新4年生)に届けられます。

当日の様子はコチラ↓↓↓