事務局からのお知らせ

2021.04.23

新型コロナウイルス感染症への今後の対応について(4月23日更新)

 福岡県内における新型コロナ感染症の新規陽性者数は、4月14日以降、9日連続で100人を上回り、21日は約3か月ぶりに200人を超え、昨日22日は268人となるなど、高い水準で推移しています。また、従来株よりも感染しやすい可能性が指摘されている変異株の陽性者の増加も続いています。さらに、感染経路不明者の割合も5割を超えており、市中感染の状況にあると言わざるを得ません。
 このような中、県民の皆様には、4月20日から5月19日までの期間において、生活や健康の維持に必要な場合を除き、日中を含めた不要不急の外出の自粛等を、福岡市内の飲食店等の皆様に対しては、4月22日から5月19日までの期間において、営業時間の短縮等を要請しているところです。
 しかしながら、久留米市においても陽性者の増加が顕著であり、感染経路について3月は1%だった会食によるものが、4月は29%と大幅に増え、家族感染を除くと最も多くなっていることから、福岡市内の飲食店に加え、久留米市内の飲食店等の皆様に対して、4月25日から5月19日までの期間において、営業時間を21時までとすること等を要請いたしました。
 つきましては、本期間中におけるアンビシャス広場の活動につきましても、引き続き、近隣の小学校とも十分連携を図るなどして、慎重な判断をお願いいたします。

■詳しくは県ホームページを御覧ください。
 新型コロナウイルス感染症への今後の対応について

新型コロナウイルス感染症への今後の対応について(1.8 MB)