事務局からのお知らせ

2021.05.03

新型コロナウイルス感染症への今後の対応について(5月3日更新)

福岡県内における新型コロナ感染症の新規陽性者数は、4月28日には新規陽性者数が過去最多の440人となり、変異株の陽性者が約8割を占める状況になっています。加えて、300人を超える新規陽性者の発生が続くことにより、病床使用率の大幅な上昇も懸念されることから、5月1日、国にまん延防止等重点措置を本県に適用するよう申し入れを行ったところです。まん延防止等重点措置の対象となる市町村や期間については、今後、国としての判断がなされ、適用されるまでには一定の期間を要することから、県では、まん延防止等重点措置と同等の措置を先んじて実施することといたしました。

つきましては、別添「新型コロナウイルス感染症への今後の対応について(5月3日)」をご参照の上、感染防止対策の徹底について、引き続き御協力をお願いいたします。

 

■詳しくは県ホームページを御覧ください。

新型コロナウイルス感染症への今後の対応について

新型コロナウイルス感染症への今後の対応について(5月3日)【PDFファイル】(4.22 MB)